banner

セフレとは?

セフレとは一言で言えば、性交することだけを目的とした関係の相手のことです。
恋人や夫婦とは異なり、愛情などで結ばれているものではありません。
かといって、金銭のやり取りの発生する風俗とも違います。

妻や夫、または恋人と言うパートナーがいてもセフレがいるという場合もあります。
また、恋人とセフレの境界線があいまいな関係というのも存在します。
つまり、セフレという言葉自体の具体的な定義付けはなされておらず、人それぞれによってとらえ方は違うのです。
不倫や浮気といった行為もセフレと呼べるかもしれませんが、それについては異論も多いでしょうし一般的なものではありません。
身体だけの割り切った関係で精神的なものが入り込むとそれはもうセフレではない、というのが一番正解に近いように思えますが、必ずしもそうではなく、実際のところは当事者でないと判断できないとも言えるでしょう。

一般的にはなじみのないセフレですが、次第にそのような関係を楽しむ人たちが増えてきているようなのです。
しかし、あいまいな関係であるが故にセフレというものに対するお互いの認識の違いからかトラブルも多発しているのが現状です。
そして、一般的な男女関係に比べて修羅場になるケースも少なくはないようです。

セフレの作り方

セフレがいくらでもできるという人と、どうやってセフレを作ったら良いのか、わからないという人がいます。
これは、セフレをあくまでも正攻法で作ろうとしていることに、原因があるようです。
正攻法というのは、つまり、最初からセフレが目的だと公言して、セフレを作ろうとしている場合です。

その場合、いくら女性の方でもセフレが欲しいと思っていたとしても、相手が信用できるかどうかがわかりませんから、どうしても敬遠してしまうことが多いようです。
よくわからない相手とセフレになるとリスクも高いからです。
ですが、そういうセフレ作りの正攻法を取らなければ、意外と簡単にセフレができることもあります。

つまり、セフレを探していると公言せずに、彼女といるような感覚で付き合い始めて、そのまま関係を続けるのです。
なんとなく、定期的にセックスの関係にもなって、良い状態というときに、何かの事情で距離をおくようにします。
例えば、家庭の事情など、何でも良いのですが、とにかく会えない理由を作って、少し距離を置くのです。

相手にまだ気持ちがある状態で距離を置きますから、相手からの信頼も、まだ、なくなっていない状態です。
その状態で、ときどき会ってはセックスをするという関係を続けていきます。
そうすると、セックスだけでも相手に気持ちがあることを匂わせることができますから、適度な距離をとったままで、セフレの関係を維持することができるのです。

恋人とセフレの違い

セフレの関係の中には、お互いに恋人関係のようにならない、というものがあります。
セフレにはそれ以外に恋人を持っているという場合でも、セフレになるということがあります。
セフレは、ただセックスをするためだけの関係として続けていくものになります。

しかし、そもそもなぜセフレというものは求められることになるのでしょうか。
その理由としては、やはり自由にセックスを楽しみたいということがあるのでしょう。
彼氏や彼女という恋人の関係になっている人が居たとしても、そこでセックスについて満足をすることができるとは限りません。
それ以外の部分で満足をすることができていても、セックスだけには満足できない、ということもありますね。

そんなときに、セックスを楽しめるようなセフレの相手がいれば、かなり良い状態になります。
恋人の場合には、セックスをする以前に相手のことを大事にするという思いがあります。
なので、好きに自分のやりたいようにセックスをするということができなくなっていることもあります。
それに対してセフレの場合には好きにセックスを楽しむための関係になりますから、ひたすら自分の好きなようにセックスをすることができ、それが満足につながるのですね。
Copyright(c) 2010 xxx All Rights Reserved.